ニューヨークから日帰りでワシントンまで行くバスツアーに参加

スポンサーリンク
リンカーン記念堂  旅行
スポンサーリンク

はじめに

「今年2019年6月の末の週にニューヨークまで旅行しました。ニューヨークは通算15回は行っています。

もう、主要なスポットなどの観光はしないので、変わったところや行った事ない場所へ行こうと決めました。」

ニューヨークからワシントンへは、自力で観光するか、ツアーに入るか、どちらが効率が良いのか? コスパは?

旅行3ヶ月前、ニューヨークから近いワシントンDCに行こうと決めました。行ったことがないからです。映画などで見る主要な観光スポットのリンカーン大統領の記念堂やホワイトハウス、国会議事堂などを回ってみようと思いました。

検索サイトで見てみると、「バスツアー」がありました。『VELTRA ベルトラ」と言うツアー会社やJTBの現地オプショナルツアーで探すことが出来ました。調べてみると、同じ「グレーラインのバスツアー」を扱っていることがわかりました。グレーラインはアメリカのバスで、観光客用にいろいろなツアーがあります。例えば、ボストンまでの日帰りツアーやニューヨークの市内観光(2階建てバスもあります)などたくさんあります。そこに直接申し込んでも良かったのですが、一人旅で英語も旅行英語くらいのレベルで、観光場所の細かい説明などは日本語で理解したかったので、「日本語ガイドさん付きの日帰りツアー」をチェックしました。ニューヨーク8日間の旅行なので、日帰りでちょうど良いか、と思いました。

ベルトラのサイトの評価を読んでも、高評価が多かったし、一人参加の方も多かったです。何より、日本人ガイドさんが付くのは心強いですね。

次に、自分でワシントンに飛行機で行って、市バスや地下鉄やタクシー、UBERを使って観光する方法も考えました。初めて行く土地で慣れてないので、多分時間も掛かるだろうし、金額的にも厳しいので、この方法は止めました。

結局、ベルトラとJTBのどちらかを選ばなくてはならなかったのですが、とりあえず、知名度の高いJTBの方に決めました。値段はベルトラと同じくらいですね。

また、別にバス以外にアムトラック(大陸横断鉄道)で行くツアーもありましたが、金額が高いのと、現地は結局バスで周ることになるので、あまり意味がなかったです。出発時間や終了時間(ニューヨークに戻ってくる時間)もバスと大差なかったです。

※金額はシーズンや曜日に寄って変動します。高いですが、バスで連れて行ってくれるし、楽なので良いかと思い、決めました。

JTB ニューヨークからワシントンへバス日帰りツアー 19335円(税込)

いよいよツアー参加へ

JTBから領収書のメールが届きました。(決済はネットで)

ニューヨークのグレーラインバスのビジターセンターが集合場所です。

到着すると、いろいろなツアーの参加者が中にいました。自分のバスツアーの名前を言うと「ここに並んで」とスタッフに言われました。時間前にガイドらしい日本人の女性(ガイドパスを首から下げてました)が見えました。その方に外のバスに乗るように指示されました。本日は、日本人は私とあと若いカップルで計3名でした。あとは、ドイツ人10名くらいと他の外国人(多人種)です。言語は基本的に英語、サブでドイツ語、日本語がそれぞれ個別に使われます。

とりあえず、チケット代わりの領収書メールを印刷することをお勧めします。

出発の7時をとっくに過ぎました。いよいよ出発です。

ツアーの内容

7時 バス出発(グレーラインビジターセンター)

ニュージャージー州→デラウェア州に入り、トイレ休憩でドライブインへ。朝ご飯や昼ご飯の時間が無い為、ドライブインで買い込みます。各自バスの中で食べます。

写真がドライブインの様子です。バーガーキング、パンダエキスプレス(中華)、サンドウィッチ、カフェ、お菓子などのお店があります。アメリカらしいですね。良い雰囲気。

昼過ぎになり、ワシントンDCの市内に入りました。

アーリントン国立墓地に到着し、バスを下車しました。墓地は大変広く、私達日本人は日本人ガイドさんと一緒にケネディ一家のお墓を見学しました。墓地内はたくさんのお墓が綺麗に並んでいました。観光客も多かったです。

 

その後、国会議事堂、ホワイトハウスは下車しましたが、外から見てすぐ、バスに戻りました。

スミソニアン博物館(料金は無料)の人気の航空宇宙博物館とアメリカ・インディアン博物館を見学出来ました。バスの集合時間が決まっていますので、2つくらいしか見学出来ないです。まあ、日帰りなので仕方がないかな。

順番は違っているかもしれませんが、リンカーン記念堂では下車して中まで入りました。

 

その他、ワシントン記念塔を外から眺め、朝鮮戦争・ベトナム戦争戦没者慰霊碑も下車して見ました。

 

 

 

 

 

結構盛り沢山なスポットを足早に効率良く観光したように思います。

自力ではとても無理だったと思います。

16時くらいにワシントン市内とはお別れし。復路ニューヨークに戻りました。帰りはすっかり暗くなっていましたが、マンハッタンの夜景を車内から見ることが出来ました。バス内でフランクシナトラの「ニューヨーク ニューヨーク」を聴きながらの夜景鑑賞でした。グレーラインビジターセンターに到着したのが、21:00くらいでした。

まとめ

真面目で時間を守る人種であるドイツ人、日本人が大半でしたから、時間通りにスムースに観光出来ました。ガイドさんはメインの英語とドイツ語の話せる人と日本人の2名だけでしたが、特に問題はありませんでした。しかし、集合時間を守らないファミリーが1組居て、置いて行かれました。後から、次の観光スポットまでタクシーでおいついたようです。日本のバスツアーでは考えられない。時間は守りましょう!

全体的に、日本のはとバスツアーや他のバスツアーに比べて、食事時間が設けられていません。スケージュールがタイトなので仕方ないです。バスの中で食事するのも楽しいものですよ。もっとゆったり観光したい人には向いてないかもわかりません。

このツアーは、お試し(トライアル型)の観光バスツアーと言えます。このツアーで気に入れば、2回目は1泊くらいして、じっくり観光してみても良いかな。



旅行
スポンサーリンク
シェアする
elvis9880をフォローする
現役パタンナー、まっちゃんがお届けするブログ

コメント