ユカ&アルファ アパレル3D『CLO』初心者教育コース10回受講後の評価

スポンサーリンク
ファッション業界の仕事

こんにちは、現役パタンナーのまっちゃんです。

パタンナーとしてのスキルアップって?何かな?
メジャーで洋服のサイズを図る女性

デジタル的なことで考えると、「Illustrator」「Photoshop」などのソフトを

使えるようになるなど、あるかな。

これは、多少使っていましたよ。

ハンガーイラスト、仕様図などを描いてました。

半袖Tシャツ

他のは、、CADは使えますが、3DのCADはどうかな?

CLOの3Dの手順

引用: CLO ENTERPRIZE 公式サイトよりお借りしました。

CLO | 3D Fashion Design Software
CLO is a 3D fashion design software program creating virtual, true-to life garment visualization with cutting-edge simulation technologies for the fashion and a...

以前のブログで、「CLO3D体験コースをオンラインにて受講」の体験記を書きました。

ちょっと楽しかったので、本格的に有料の講習を受けることになりました。

スポンサーリンク

<講習の受け方>

1.オンラインとオンサイト(ユカ&アルファさんの大阪支社)のどちらかが選べる。

ただ、オンサイトの都合が付かなくなったら、オンラインでも可能です。

定員5名です。今回はオンライン2名、オンサイトは3名。私はオンサイトで。

オンライン授業のイラスト

2.オンラインの場合は、ユカ&アルファさんのパソコンを遠隔操作することに

なります。ネット環境が良くないと切れたり、キーボードが使えなかったりする

場合があります。

Macより、Windowsの方が良いようです。出来れば、画面が大きい方が良い。

マウスは左右とホイールが付いたものが必要です。

パソコンのマウスの画像

 

オンラインの方は、注意して下さい。

3.資料はPDF形式で配られ、プリントアウト出来ないようにロック掛かっています。

まあ、スクリーンショット撮って、保存出来ますので。

講習の回数と金額について

週1回、全10回  ¥110000 (学生半額)。1回、18:30〜20:30までの2時間です。

まあまあ、高いですよね。

電卓のイラスト

私も、会社で導入予定もないですし、将来使いたいのですが、予定が決まってません。

本当に、スキルアップだけなので、ちょっと迷いました。

ソフトの使用金額

CLOのソフトは、公式サイトでダウンロード出きます。

30日間の無料試用期間があります。

試用期間が切れると、個人的に使う目的(企業などの場合以外)ならば、

月50ドルで使うことが出きます。(サブスク方式)

タブレットの画像

講習の復習や練習のために、ソフトは必要ですよ。

復習、練習のやり方

触らないと上達しないので、復習は必要です。

幸いにも、講習2時間の動画を録画してくれています。

後日(最初の頃は、3日後でしたが)終わってすぐにメールで動画のURLを

送ってもらえます。YouTubeの画面です。

ユーチューブの画面

ただし、講習後3ヶ月くらいでの期限があるようなので、

何らかの方法で、録画しときましょう!(内緒)

動画見ながら、自分自身のパソコンで練習しましょう!

講習内容について(操作方法は外部に漏らすのはNGなので)

1.ソフトの簡単な操作の仕方、コマンド、保存の仕方

2.アバター(人型)に洋服を着せつける(着装)する方法

実際のCADで作ったデータ(dxf)の取り込み方

パターンに縫合情報を付ける方法

3.素材感、付属(ボタン、ファスナー、プリント柄など)のリアル感の出し方

マーキング(用尺)も簡単に(きっちりは無理)、柄の位置なども見れる

4.パターンの展開や着装した後の展開など

5.実際に着装させた画像の加工、アニメーション(歩く)動画の作成

6.レンダリング(より良く高画質なリアリティある画像にする)

CLOの画面

上達するためのコツ

1.普通のCADでの操作と違うので、慣れるまで時間が掛かります。

練習するしかないです。

2.縫合情報を間違えると、着装したらぐちゃっと崩れてしまいます。

ここの操作が大事です。

CLOの2D画面

3.コマンドを覚えて下さい。よく使うものは、アイコン選んでクリックするのが、

面倒になりますから。

パソコンのキーボードの画像

ユカ&アルファさんのインストラクターのサポートはあります。

メール、LINEなどで質問を受けてくれます。

CLO講習10回を受講し終わった総評、将来に向けて

毎回、講習を収録した動画を見て復習しないといけません。

私の場合は、縫合情報を付けるのが苦手でした。

インストラクター1名に、生徒5名なので、あまり途中で質問すると

中断してしまうので、もう1名サブでインストラクターがいたらなあ、、。

パソコンでの授業風景

後日、応用編4回も受講します。

ユカ&アルファ 公式サイトで募集掛かっていますので、チェックしてみては?

アパレルCAD-株式会社ユカアンドアルファ
株式会社ユカアンドアルファのオフィシャルサイトです。アパレル、縫製業界を支えるCADシステムを筆頭に、3DソフトやWEBシステム等の提案、販売をグローバルに展開しています。
CLOは、使う目的に寄って、全てのシステムを使う必要がないです。
目的(重要な点)

1.販売員、ECサイト→既に着装された商品、商品だけを見栄え良く加工する

2.パタンナー→トワール組む前にアバターに着装して、バランスをみる。

デザイナーにトワールチェックの代わりに見せる。

簡単な用尺ができるから、楽。(CADのマーキングより)

パタンナーが職出しする時に、ハンガーイラストを描いてる方には、

簡単なハンガーイラスト化が出来ます。

3.デザイナー→柄、色を入れれるので、手書きのデザインよりも

イメージが付きやすい、良いアイデアが浮かぶ

同じく、シルエット、バランスが見れる

CLOの画面

会社が導入するかは、不明なので自己満足で終わる可能性がある
パタンナーとして、視野が広がったのは良かった
応用編4回を受講すると、ユカ&アルファさんの人材派遣に登録されます
結構、これからは需要があると思います。

転職を考えてる方には、良いかも

採用の画像

せっかく、講習受けたので、展示会で着装させた画像を接客に使おうかな、。
ソーエン展示会正面入り口
以前参加した[CLO]体験会の記事です。参考にして頂けると嬉しいです。↓

コメント