三星ドレス パタンナーの2022AWカタログ撮影同行日記

スポンサーリンク
スタジオ撮影写真 ファッション業界の仕事

ブログ更新 久しぶりになってしまいました。

ハンガーに掛かったシャツ

これから、もっと度々更新したいと思います。

6月に2022年のカタログ用の撮影がありましたので、

その風景を書きますね。

今回は、スタジオでの撮影になります。(経費節減かな、、)

スタジオ撮影参加は、初めてです。

撮影写真モノクロ

今までは、ロケーションばっかりだったので、解放感がありました。

<このブログで分かること>

アパレルメーカーの発行するカタログの撮影風景

カタログからの受注の重要性

スポンサーリンク

スタジオでのアパレルカタログ撮影スタート

いつものカタログをお任せしてる会社のスタジオにて、撮影しました。

狭い、、いつもは外の解放感あるところでの撮影だったので、。

撮影スタジオの写真

まあ、こんなもんなのかなー、、。

撮影のスタジオの写真2

到着すると、もう準備されてました。

メイクさんとモデルさんの写真

背景のカラーは、沢山巻かれています。

それをセッティングします。

撮影がスケジュール通りに進んで行きます。

撮影風景

フラッシュが一回ごとに光るのが、気になるなー、、。

パソコンのモニターをチェックしながらの撮影になります。

撮影風景2

スタイリストさん、スタッフさん、デザイナーで直しに入ります。

ここは、こだわりがありますし。

撮影風景3

靴やアクセサリーなど、時々変更になります。

スタイリストさんとデザイナーの打ち合わせ。

撮影風景4

とにかく、機材が沢山、、。

撮影風景5

記念撮影

撮影も終わり、皆さんで記念撮影!

長時間ありがとうございました。

アパレルメーカーのカタログが、コロナ禍に特に重要な理由

コロナ禍で、アパレルの営業活動も復活していますが、

全国の得意先を全て周ることが出来ません。

そのため、カタログを送って、オーダーしてもらうことになります。

カタログを見てる写真

新規の開拓にも、カタログは便利です。

うちの会社も、カタログ見ての問い合わせは多いですよ。

まとめ

朝から夕方まで撮影がありました。

狭い部屋で、ちょっと疲れましたけどね。

パタンナーも、普段部屋にこもって仕事しています。

たまには、気分転換に良いですよ。

パタンナーの仕事場

 

 

コメント