コロナ前と比べて、コロナ禍のパタンナーの仕事の変化と将来性

スポンサーリンク
洋服の接客してる女性のイラスト ファッション業界の仕事

こんにちは、現役パタンナーのまっちゃんです。

あっという間に、4月ですね。

近所の公園では、桜が満開です。

夙川公園の桜並木

近畿地方でも、有名なお花見スポットですので、人出は多いですよ。

まん延防止等重点措置(まん防)は解除されましたからね。

ただ、感染対策はして、注意しながら生活していくことには、変わりはないです。

ソーシャルディスタンシング

<このブログで分かること>

1, パタンナーの仕事内容の変化

メジャーで洋服のサイズを図る女性

2, 海外生産減少し、国内工場へシフトしている現状

3, パタンナーのこれからについて

ミシンを使う女性のイラスト

スポンサーリンク

以前のパタンナーの仕事は、どうだったか?

何せ、まっちゃんは、デザイナー、パタンナー歴30年以上です。

パターンやる時は、ほとんどトワールチェックありでした。

トワール1

時間に余裕があったし、経費やスピードは関係なかったからですかね。

私は残業は嫌いですから、時間内に仕事を終わるようにしてました。

型数も多かったです。1回の展示会で100型とか、120型とか。

パタンナーも、たくさんいましたから、まあそれなりに進んでいました。

コロナ禍のパタンナーの仕事の変化と縫製工場

仕事の内容は変わらないです。

ただ、テレワークが出来るようになったので、グレーディングなどは

テレワークでオッケーになりました。

ベッドの上にパソコンが置いてある画像

展示会の型数も減りました。

経費節減で、ディスプレイのマネキンの数も減りました。

材料費、燃料、などの値上がりに寄って、工賃なども値上がりになりました。

電卓の画像

中国などの海外の縫製工場は使わなくなりました。

コロナで、納期の検討が付かなくなったのも、理由です。

締め切りに追われる男性のイラスト

ほとんどのメーカーが国内縫製工場に振り替えるようになりました。

まあ、コロナ関係なく、国内工場にシフトするところが増えてましたから。

 国内工場が仕事で手一杯になりました。

 海外からの実習生(その呼び方は好きではないな)が来なくなったので、

人手不足になったんですよ。

 

全体的に、どのメーカーも納期遅れが出ています

将来のパタンナーの仕事はどうなるのか?

最近、自社で作ると高額になるので、OEMの商品を仕入れるようになりました。

特に、重衣料などです。

海外縫製の安い出来るルートがあるメーカーがありますから。

ただ、完全に同じデザインにすると、オリジナル性がないので、

少しアレンジして作ってもらっています。

パタンナーとしたら、どうなん?って感じです。

?マークの画像

メーカーに寄ったら、全部OEM仕入れで、パターンは外注の会社もあります。

パタンナーは、検品、修正などの指示や外注のコントロールのみの会社もあります。

アパレルCADの画面

パタンナーは、絵も描けて(イラストレーター使えると、なお良し)、

半袖Tシャツ

パターン出来て(トワール組み含む)、検品し縫製指示が出来る人。

また、CADは必須で、3Dが使えたら、なお良し。

CLOの2D画面

    登録しています、一応専門派遣に。

何でもかんでも、出来ないと厳しくなって来ますね。

針と糸を使う手元の画像

イラストレーターは、オンラインで学ぼう!



コメント