現役パタンナーの展示会ルーティーンとCLO3Dの活用方法

スポンサーリンク
クローゼットの中の洋服 ファッション業界の仕事

こんにちは、現役パタンナーのまっちゃんです。

だいぶ暖かくなりましたね。

花壇を歩く女性の下

暑いくらいの日もありました。

3月の2週目、3週目に秋冬の展示会をします。

ブティック店頭

展示会場は、OMMビル(大阪市)でやりますので、そこに出勤します。

このブログで分かること

1, アパレルの展示会の様子が分かる。

2, パタンナーも、部屋でこもって仕事するだけではない。

3, 問屋、個店、などのお客さんの現状、受注状況。

4, 接客の仕方やコツ(パタンナーはデザイナーより、接客が苦手な人が多い)

5, 日々の仕事への活かし方、新しく学んだ「CLO3D」の役立て方

スポンサーリンク

アパレルの展示会は、どんな感じ?

今働いている会社は、年に4回展示会します。

3、5月の秋冬9、11月が春夏です。

会社では展示会はしないので、別ビルを借りて、そこでします。

ソーエン展示会の正面

大阪市のOMMビル(アパレルメーカーがたくさん入っています)です。

お客さんも、沢山のメーカーを回れるメリットがあります。

そのため、同じ週に合わせています。(駐車券も出せますし)

コロナ禍で、展示会の経費も節減で、マネキンも減らしています。

ディスプレイも、地味になっていますが、、。

デザイナーが、お勧めのアイテムをコーディネートしています。

コーディネートが良ければ、全部セットで受注付けてもらえます!
展示会ディスプレイ

 接客やお客さんの状況

ミセスブランドなので、高齢のオーナー、販売スタッフ、問屋さんのバイヤー

などが主なお客さんです。

1週目より2週目の方が来客数は多いです。

そのため、受注ランキングが出てますので、そこを集中して勧めます。

人気ランキング10位の文字

受注少ないのは、ボツになる場合有ります。

試着される場合は、鏡が置いてある場所にご案内します。

基本、手触り、肌触りが良いものが好きな方たち(高齢の方は特に)ですね。

気に入られた分を受注シート(絵型付き)に数字を記入していきます。

洋服の接客してる女性のイラスト

まあ、色々注文付けられたり、「こういうのが欲しい」「価格が高い」

「色が暗い」「これは、もう少し大きい方が良いわ」

「よその会社は、こういう様子だったよ」などなど。

お客さんの要望や情報は、後日みんなで共有します。
三星ドレス カタログとSNSの宣伝ボード
ユーチューブの動画も流しています。

最近のお客さんの受注の特徴

まあ、コロナ禍で厳しい状況が続いています。

STAY HOME のロゴイラスト

価格の安い(価格と商品のマッチしている)ものが好きですね。

沢山のメーカーやブランドから仕入れするので、受注数は絞っています。

ほとんど委託(貸している状態)なので、売れないものは返品してくる。

その代わり、店から店の移動をします。

A店から、無い商品やサイズの注文が入ると、B店に引き取りかけます。

今は、完全買い取りの店は、少ないです。

展示会で受注付いていても、売れるとは限らないので、予想で生産します。

パタンナーの接客のメリット

まあ、コーディネートは得意ですよね?

マネキンのディスプレイ画像

ディスプレイしてない商品は、合わせ方を教えてあげて下さい。

あと、サイズ感や着やすさなどのアピールもしましょう。

メジャーで洋服のサイズを図る女性

そんなにペラペラ話す必要はないです、マスクしてますから。

マスクしたスーツの女性のイラスト

実際の商品のパターンを作ったので、自信を持ってお勧め出来ます。

3D CAD「CLO」(講習終了済み)を使って、現場での役立て方

今の仕事でのCLO3Dの活かし方を考えました。

CLO3Dのアバター着装画面

トワールチェックには、まだ尚早です。(まだ、デザイナーにとってメリット

が分からないようです)

もっと、3Dが2D(今のCAD)のように常識化すれば良いのに、、。

そうなれば、着装したアバターを前後でコピーして、商品の説明の一環として、

スワッチにします。(ハンガーに引っ掛けておく)

3Dで着装した画像

※CLO3Dで着装して、簡易レンダリングした画像です。

 コピー用紙も、安いものなので、画像が綺麗じゃないですね。

うちのブランドのお客様は、背が低めです。

スワッチをつけたサンプル商品

 

そのため、身長158cm、マスターサイズが11号(42)で作っています。

3Dのスワッチ用では、このサイズで作ってますから、丈のバランスがわかります。

マネキンは、スタイルが良すぎて分からないと思うので。

まとめ

今回初めて、CLO3Dのソフトでパターン取り込んで、画像作ってみました。

講習の良い復習になったんじゃないかな。

CLO3Dのサイトの画像

ただ、まだこの画像を見ても、??って感じです。

ただ、お客さまに寄っては「わかりやすい」って言われる方もいます。

せっかくのスキルも、使わな損!

次回の5月展も、作ってみようかと思います。

画像の品質が良くないので、勉強してみます。

パソコンの前で仕事する女性画像
CLO3D 公式サイト(引用先)
登録していると、条件の良いとこに転職できる可能性あり

コメント