現役パタンナーが考える、コロナ禍のこれからのアパレル業界予想

スポンサーリンク
ファッション業界の仕事
スポンサーリンク

はじめに

最近、ファッション業界にて大型倒産縮小ブランド終了などのニュースがありました。

まだ、これから増えます。

 

出典 WWD公式サイトより
いろいろなブランドを参考にパターン作ってたので、寂しい感じがしますね。

パタンナーがたくさん職場を失う

このような不況は経験した事がないです。

以前在籍していた会社でリストラにあったことは無いんですが、幸い。

これからは分かりません、どうなるのか。

失業

ただ、周りの友人や知人など、会社の倒産やリストラなどで職を失った人たちは、

お決まりの「ハローワーク」で失業保険手続きをし、「デザイナー、パタンナー紹介派遣会社」などに

登録します。私もここから、仕事紹介して貰ったことありますよ。↓

仕事が決まれば、ラッキーですよね。

まっちゃんの周りのアパレル関係の人の仕事の現状

元同僚、先輩、などの現状を報告します。

パタンナー

1.Aさん(フリーランス パタンナー)50代

フリーでパターンの仕事を外注しています。

仕事がめっきり減りまして、もう1つバイトをしています。

2.Bさん(アルバイト パタンナー)40代

外注でパタンナーをしていますが、それとは別に会社で、生産管理、営業事務、パターンの手伝い

などのバイトをしています。

3.Cさん(デザイナー)50代

3年前くらいに会社が倒産しました。

今は、仕事が決まってデザイナーとして働いています。

4.Dさん(パタンナー)20代

子供服のパタンナーでしたが、婦人服がやりたくて転職が出来ました。

ほとんど見習い状態で、頑張っています。

若いからねー、。

5.Eさん(フリーランス パタンナー)50代

新卒で会社に就職しましたが、辞めてからずっとフリーです。

今も変わらず、フリーで外注受けしています。

10年前まで、パターン外注会社から仕事を受けていましたが、

オーナーが会社を閉めたので、自宅でフリーで仕事始めています。

カフェで仕事する

 

比較的年齢が若い方(40代まで)は、給料が安くても正規雇用の可能性あります。

 関西地方のパタンナーの人材不足

 しかし、関東と関西とは少し違うと思います。
 関西は、10年から20年前くらいに、若手の人材を雇っていません。
 若い子を育成する時間と経費を掛けてこなかったからです。
 多分、そんな余裕が企業になかったんだろうと思います。
 そのため、デザイン学校出た子達は、東京のメーカーに就職してしまいました。
 関西に若い人材が残っていません。
 企業が使い易い若手を探しても、居ませんよ、当然。
ファッション関係の仕事
 その為、50代で正規雇用は可能ですよ。即戦力になりますので。

これからのために

有名ブランドなどは、投資してくれる企業や個人が出てきています。

出典 WWD公式サイトより

同業者として、アパレル業界も「コロナを持ち堪えて、頑張って欲しい」

大きい会社と私が勤めてる大阪の中小企業とは違いますが、

なるべく、経費を押さえる努力はしたいと思っています。

商品の質は落としてはいけません。

工場さんにとって、簡単な縫製に変える。
パタンナーとしては、ロス(生地、付属)を無くす努力=生地用尺を詰める。

アパレルCADでマーキング

ロスの無い用尺の詰め方(従来の経験、こだわりは捨てる)

1. 柄合わせするものでも、なるべく用尺詰める。

入らなければ、脇に切替線入れて、無地布(安めの配色生地)を入れてます。

2. 後中心は、接ぎを入れる。デザインや柄の状態に寄りますけど、、。

3. 2人取り、3人取りで入れてみる。

4. ポケットの袋布は、別布で。裏地やスレーキなど。

シームポケット仕様図

まとめ

これから先、どんな業界でも不安ですよね。

長年のキャリアがあれば、乗り越えられる訳では無いです。

副業などを始めるのも、悪く無いです。

他のスキルを磨くのも良いと思います。



私は、動画学習でWeb関連(途中)とPhotoshopの復習をしました。

転職時の履歴書に「Illustrator」「Photoshop」使えます。と書けますよ。

出来る人と出来ない人では、全然違う。

無理をせず、やれる範囲のことをして下さい。

※最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント